信用リスクの注意点

信用リスクとは、債券の投資先や貸付先などお金を貸した相手が、元本や利息をしっかり返すことができる能力があるかどうかを、
その信用状態の変化によって、価格が変動するリスクのことをいいます。

金融取引の大きなリスクのひとつであり、債務不履行リスク、貸倒れリスクとも呼ばれ、
ビジネスや金融などの与信取引において、債務者の財務状態が悪化することによって、債券の回収ができない状態に陥る危険性のことを指します。

例えば、株式投資を行っていた場合は会社が倒産してしまうと、最悪の場合には投資した金額は全て返ってこず、損失になります。
しかも会社が倒産するということは、信用状態が悪化することによる価格の低下ということになり、一般的に株式は信用リスクが高いものとされるのです。
信用リスクを回避するために、信用力に基づく格付けを利用します。

格付けは、信用リスクを判断するための指標で、民間の格付機関がAAAなどの判別で、各企業の信用リスクの安全度を表示しています。
そして信用リスクの高い企業の格付けですが、もちろん低くなります。
信用力が低いために、高利回りで債券を発行しないと、購入を敬遠されるので、高くせざるを得ないというハイリスク、ハイリターンになります。

また、国の信用リスクのことを、カントリーリスクといい、海外投融資や貿易取引を行う時に、相手国の政治や経済などにより安定度の変化を測り、
回収が不能となる危険の度合いのことを示します。

一方、預金などには信用リスクの心配は全くありません。それは、預金には上限が設けられてはいますが、基本的には国で保証してくれているからです。
ですから銀行の信用状態には左右されることなく、預金は必ず払い戻されるので、信用リスクはないのです。
また国債も同様な理由によって、信用リスクはありません。

そして、これらの中間に位置するのが社債になります。
社債は、会社の信用状態に応じた値段で変動していきますが、万が一その会社が倒産したとしても、投資した金額全額が返ってこないことはほぼありえません。
そのため株式よりは低く、国債よりは高い信用リスクになっています。