価格変動リスクについて

価格変動リスクとは、Price fluctuation riskともいい、その名前の通り、投資対象の価格が変動するリスクをいいます。
一般的な認識としては、市場等での取引価格が変化することにより、金融商品の価格が変化するリスクのことで、
価格変動リスクが大きい投資商品=(イコール)値動きが大きい投資商品でもあります。

株式市場などでは、市場で取引される取引価格は常に変化しています。
その価格の変化ですが、その理由が明らかなものもありますが、一方でそういった理由がなくても、需要と供給の関係もしくは市場の雰囲気というものにより、
価格が変わるのは当たり前となっています。
そして市場において、常に価格が変動する危険性のことを価格変動リスクといわれています。

次に預金の場合には、対象の価格は変動することはないばかりか、元本が銀行により保証されているために、価格変動リスクはありません。
債券の場合には、償還時の元本は発行元が保証しているため満期時にはありませんが、期間中は市場金利が変動することにより若干債券価格が変動するため、
価格変動リスクが生じてしまいます。

株式の場合には、投資をした株が大きく値上がりすることがあれば値下がりすることもありますし、それは外国為替取引の場合も同じです。
なによりも、株式や外国為替などは、もとより価格が固定されていないもののために、価格変動リスクは大きくなります。

元本が保証されている預金を除いた、全ての金融商品には、価格変動リスクがあるということになります。
勿論、投資を行っている以上は、価格が下落するリスクは避けられません。

ですが、最終的に全ての資産を合算した時に、保有資産の価値が元本を上回っていれば、投資は成功したといえるのではないでしょうか。
つまり投資においては、リスクとリターンというのは、表裏一体であります。

つまり、価格変動リスクがない銀行預金であればリターンもありません。
それに対して価格変動リスクが大きい株式などの場合は、その分リターンも大きくなっています。
投資を行ううえでは、この価格変動リスクをいかに考えるかが重要になります。