外貨預金について

外貨預金とは、日本円をドルやユーロなどの外国通貨にしてから預金することです。
外貨預金は様々な銀行で扱っていますので、大手の銀行であれば、どの銀行でも預け入れできます。

基本的には普通預金と定期預金があり、預けたお金には一定の利息が付くという日本円での預金する時と同じです。
普通預金は金の出し入れが自由であり、定期預金は原則として、満期日前にお金の引き出しや中途解約ができないというところも同じです。

外貨預金を行うにはあたって初めに決めるのは、どの通貨で預け入れをするかです。
主要なところで、ドル・ユーロ・ポンド・オーストラリアドル等が一般的なようです。

外貨預金は預金の一種ですから、当然利息を受け取れます。原則として外貨預金の利息は預け入れ通貨の利息水準に基づいて利率が決定されます。
現在、円が一番利息水準が低いため、相対的に金利が高く、外貨預金の金利は普通預金よりも高い利益があります。

また外貨預金をする上で注意しなければならないのが、為替変動による損失です。
つまり、ドルでの預金をする際は、ドルと円とを交換するための為替レートというは、常に変動し続けています。
ドルが安い時期に外貨預金を行い、ドルが高くなった時期に外貨預金を解約すれば、それだけで利益が得られるのです。

しかし為替レートは、よほど勉強と経験を積まなければ分かりません。そのため、金利での利益の方に期待した方がいいでしょう。
外貨預金は、外貨ベースでの元本と利息は銀行側で保証してくれる上に、仕組み自体はあまり変わらないので、
外貨投資が初めての人にとっては、始めやすいとされています。

ただし、外貨預金の元本や利息は外貨ですので、外貨を再び円に戻して受け取る為替レートと、円から外貨に交換した時の為替レートとの差によって、
為替差損益が生まれます。
外貨預金を円に戻したときに、当初預け入れた円貨額を下回った場合は、元本割れとなるということもありますので為替動向に関しては注意してください。