外貨MMFって何?

外貨MMFを知るに、まずはMMFのことを知らなくてはいけません。
MMFというのは、Money Market Fundの略称ですが、投資信託のひとつです。
そして外貨MMFというのは、外貨で運用する投資信託のことをいいます。そして一方、日本円で運用されているMMFを、円MMFといいます。

外貨MMFは、現在の円高時代だからこそ、プロの投資家からも注目されている投資方法です。
証券会社が外貨預金に対抗するために販売をしているものですが、これは安全性が高いので運用が上手くできれば、それだけ高い利益も見込めます。

安全性については、格付けが高い外国短期証券なので、投資先としてのリスクは、とても少ないとされています。
だからこそ安全性は非とても高く、外貨預金と比べても劣ることはないと言われています。
ですから、資産運用を考えている人にとって外貨MMFは、かなりお勧めの資産運用方法なのです。

もちろん投資リスクは否定できません。例をあげれば為替変動による資産の減り具合や、元本保証がないことなど、完璧に安全な投資というわけではありません。
また外貨MMFを購入するには外貨が必要になるので、為替手数料がいりますが、この為替手数料は外貨預金よりかなり安くなっています。

そして外貨MMFの取引を行うには、外貨預金と同じで、どの通貨で預け入れるか決めなければいけませんが、
現状において円は一番利息水準が低いので、どの外貨預金でも高い利益が得られます。主なところではドル、ユーロ、ポンド、などの通貨があります。

さらに外貨定期預金と違い、外貨MMFはいつでも換金できるのです。
ちなみに得られる分配金は課税対象になりますが、証券会社側で源泉徴収してくれるため、利益が丸々手に入ります。

実は、数ある外貨投資商品のなかで、為替差益に税金がかからないのは外貨MMFだけです。利子にも20%の税金がかかっています。
外貨預金にと変わらないように見えて、実は細かな点をみていけば、かなりお得なものといえるでしょう。