MMFについて

MMFは、Money Management Fundの略称で、公社債投資信託の一種です。多くの証券会社で取り扱いされている投資信託の一つです。
国内外の公社債である国債、地方債、政保債、社債等、譲渡性預金(CD)、コマーシャルペーパー(CP)、コールなどの、
短期金融商品をメインに運用する追加型公社債投資信託です。

そしてMMFは、株式を組入れずリスクを少なくし、安定した運用収益の確保を目指しておりますので、同期間の定期預金より運用利回りが高いこともあります。
一般にMMFは、1円以上1円単位で購入できますし、収益分配金は運用実績に応じて毎日分配されて月末にまとめて再投資するので、複利効果も期待できます。
またMMFの投資対象は、中、長期公社債が中心となっています。

中、長期公社債に運用するために、MMFを購入してから1ヶ月以内の解約は、制限されています。
もし解約する場合には、信託財産留保金が発生いたしますのでご注意ください。

その理由として、中、長期公社債に投資をしている以上、短期間で売却されてしまうと余計なお金がかかってしまうからです。
ですので、MMFを解約する際には、保有している資産を売却して支払資金を補うことになるのです。

この資産売却に関するコストは、短期間で解約した投資家に負担してもらうということから、一定の金額を払わなければなりません。
簡潔に説明するとMMFとは、期間の長い債券に対して投資をするファンドということです。
そのため、若干リスクが高まりますがその分、金利の値は大きくなるというメリットもあります。

また運用期間が長くなるので、MMFに投資をしてから1ヶ月間は、売却ができないようになっているのです。
MMFについてもリスクは極めて低い投資信託ですが、少しばかりリスクがあがります。
MMFの過去の中で、1回だけ日興証券のMMFが元本割れをおこした経緯があるのです。

だからこそ、その後は証券会社側で一層MMFの運用の安全性を講じる策をとったことで、
金利面は銀行の定期預金よりも利率でみると高い水準となっているという状態になっています。