MRFってなに?

MRFは、Money Reserve Fundの略称で、公社債投資信託の一種です。
証券会社で口座を作るときに購入することになる投資信託で、証券会社の口座に入金したり、株を売却したりして現金ができると、
自動的にMRFを購入したり、株を購入したりし、そして証券総合口座から出金したりすると、MRFは解約されます。

自分はMRFを買ってないと言う方もいるかもしれませんが、それもそのはずで、本人がMRFを購入する手続きをすることはありません。
証券会社にお金を入金すれば自動的に、MRFの購入に充てられるようになっているのです。

MRFを購入したくない時には、証券会社に購入しない意思を伝えて手続きをすると、証券総合口座に現金ができても、MRFを購入しないようもできます。
また証券口座の開設を申し込む時に、MRFを申し込むかを選べるようになっているはずです。
しかしその点に関して何も説明がなければ、こちらから聞いた方がいいでしょう。

MRFの投資対象は、満期が短期間で到来する公社債が中心となっていて、国債が主だっています。
比較的安全に運用され、また引き出しも自由に行うことができます。

またMRFは既述のように、投資信託の一種ですが、常に出し入れが自由なので、普通預金の感覚で利用できる一方で、普通預金と大きく違う点もあります。
MRFは元本保証されていないということです。MRFは元本の安全性に配慮していますが、投資信託ですから、元本割れがないわけではありません。
ですがこれまで元本割れをしたMRFがないことも今のところの事実です。

また分配金も、銀行の普通預金の利子程度です。
つまりMRFは、リスクが低い分、リターンも低いので、証券会社における普通預金という考えを持つと分かりやすいかもしれませんね。

ですが普通預金と変わらない感覚である一方、MRFは預金ではなく、投資信託の一種であることを忘れないようにしましょう。
毎日決済し、分配金に関しては月末にまとめて再投資されるようになっています。