転換社積って何?

転換社債というは、株式に転換する権利が付いた社債のことで、
Convertible(転換できる)bond(債券)の頭文字をとり、CBともいわれています。

これは社債でありながら、いつでも好きな時に一定の株式と転換できることが特徴ですが、転換権を行使すれば社債がなくなり、株式に変わります。
転換社債は社債なのですが追加部分として、発行している企業の株券に転換することができます。
つまり、転換社債という債券を購入している人が、債券を株券に変えることができるのです。

ですがあくまで権利ですので、この権利を使って株式に変えるかは自由です。ずっと社債のまま持ち続け、
償還時に保証されている額面分の金額を受取ることも、償還までのどこかで株券に変えて、それ以降株券として所有することもできます。

転換社債の値動きやリスクということを考えると、ちょうど株式と社債の間くらいということになるのではないでしょうか。
転換社債の場合に、例え倒産したとしても、元本全額は還されなくても、株式に比べれば優先的に払い戻されます。

しかし株価が上昇した時に、株式と交換した上で売却をすれば、大きな利益をあげることもできます。
転換社債を購入者側からみると、社債として利子を受取れ、株価が上がった時に株式に転換して売却益を得られるという選択がある社債といえます。
ただしいったん株式に転換すると、再び社債には戻せませんのでご注意ください。

以上のように転換社債は通常の社債に比べて投資家に有利な金融商品ですので、通常社債に比べて、金利が低くなることが多く、金利ゼロの場合さえあります。
また、転換社債の条件は複雑ですので、購入する際には少なくとも、転換価額や転換可能期間くらいは調べておかなければならないでしょう。
ですが転換社債は、証券取引所での取引もされていますが、売買高はさほど多くないといった理由からでは、いつでも好きな時に購入や売却はできなくなっております。