社積について

社債は「会社の借金」で、目的は資金調達です。
ですから社債は、投資家から資金を調達する際に発行する有価証券です。言い換えると、借金の証明書のようなものでしょうか。
当然、社債には「期間」「利息」「額面」という条件が決められています。

株との違いは、株式は「自己資本」として扱われるために、返済の義務がありません。ですが社債は、償還期限がありますので「負債」となります。
会社が倒産した場合、株式の場合は株主が出資金を諦めることしかできないのに対し、社債の場合は借金ですので、返済しなければなりません。
そして企業の経営方針によって、株式を発行するか、社債を発行するか、あるいは他の方法で資金調達をするかを決めることになりますので、
こちらからの干渉ということはありません。

社債発行会社は、社債の条件としての金利、償還金額、償還日等を決定し、債券市場で売買されます。
株式市場同様に一般に開かれていますので、市場価格で売買ができます。

また引き受け手を探す際、株式を公開している会社では、一般から広く募集することから公募と呼ばれていますが、
未公開会社が発行するものに関しは、私募債と呼ばれています。
他にも株と同じように、債券を取り扱っている証券会社でも購入できます。

その際、債券は、債券価格の上昇の価格差で利益を得られることを考えて選びましょう。
勿論、債券価格が下落をすれば、損をしてしまうことも頭にいれておかなくてはなりません。

社債>国債>預金と同じ期間で利息を比べてみても、社債は高めの利息が得られます。
これは元本が保証されている金融商品で比較した場合で、逆に株式投資などは元本が保証されていないものは、
高い利益を狙うこともできる反面、リスクも高くなります。

そんな危険をおかさなくても金利の違いは、発行会社の信用度と償還年数によっても違いますので、
発行会社の仕事内容や財務内容などを調べて、買うのなら確実な会社の社債にした方がいいのではないでしょうか。