地方積とは?

地方債は、地方公共団体が発行する債券のことです。
国債で集めたお金が、国の事業に使われるように、地方債を発行して集めたお金が、自分の住んでいる地域や、
他の地域の地方自治体が債券を発行して資金を集める事が、行われています。

あまり馴染みがないかもしれませんが、実は地方債は、国債同様、安全性が高い一種のお金の預け先ともいえます。
そして個人が購入できるものは、主に「市場公募地方債」です。

他に、複数の都道府県等が共同で発行し連帯債務を負う「共同発行市場公募地方債」、
地元の人たちに買ってもらおうと発行される「住民参加型市場公募地方債」、幅広い人に買ってもらおうと発行される「全国型市場公募地方債」があります。

あまりよく分からなく、貯金の一種と考えてもいいのですが、例をあげるのなら、小学校の耐震化工事の代金を集めたり、
地域の環境保全のための資金を集めたりする時に、一般市民層からお金を借りて工事などをするさいに発行されるもので、
自分も少し貢献したような気持ちになりませんか。

これらは、個人向け国債同様、公的機関の発行する債券なので信頼度が高いので、元本保証の超安全預金と考えることができます。
ですが、やはり国家よりも地方自治体の方が、一段低いレベルにあたるために発行される債券の金利は、逆に高めにされています。
高めの金利は大変魅力ですが、県によって違いますので、自分が住んでいるところのものをしっかり調べてください。

そして財政状況がしっかりしている都道府県等の債券ほど、金利は低めです。
一方で財政が弱めなところは、金利という魅力を出さないと買い手がつかないからか、高くなっているのが現実です。

また定期預金のようにあまり自由に解約というか、換金できません。満期が来る前に売却したい場合は金利変動、価格変動などを考えないといけません。
その点はリスクといえば、リスクですが自分が投資したお金が無駄なことに使われていないかという行政への関心が高まり、郷土愛が芽生えます。