為替証拠金取引のメリット・デメリット

外国為替証拠金取引のメリットは、為替取引が安いことです。
外貨預金のように、預け入れ時と引き出し時という風にその都度で、高い手数料を支払う必要がないので、少ない金利差でも利益をあげられます。
この低い手数料が、外国為替証拠金取引の魅力ともいえます。

また、銀行間と同じ高い金利差によって収益をあげることができるだけでなく、為替レートの上下動によっても利益を得ることができます。
それに外貨預金では、円安でないと儲けることは出来ないのに対してFXでは、円安でも円高でも儲けられる可能性があるのもメリットといえます。

また、自分の手元に十分な投資資金がなくとも、大きな額で取引を行なうことができる証拠金を担保にした、レバレッジ取引ができます。
もっともこれはデメリットでもあり、レバレッジを掛けられるので少ない資金でも大儲け出来る可能性はあります。
しかしこれは、投資でなくギャンブルのという意見も少なくありません。

そして為替市場は、日本の市場だけに限りません。ですから日本の市場が動いていなくとも、他の地域の市場で取引を行なうことができます。
ですから日本の市場の取引時間に関係なく、自分の好きな時間にいつでも投資の取引を行なうことができるということです。

外国為替証拠金取引のデメリットは、元本の保証が気になる人には不向きであり、
レバレッジ取引によって、自分が預け入れた証拠金以上の損害を被る可能性もあります。

例え評価損が出てしまったとしても、追加の証拠金をどんどん追加しないと、現在のポジションが維持できなくなるからです。
これを「マージンコールリスク」といいます。

常に変動しているので、予想外の変動幅などで多額の損失を被ることも否定できません。
一応メリット、デメリットに分けましたが、どちらに転んでも分からないのが外国為替証拠金取引です。
さらに専門的な内容も調べて、十分に理解してから、自分で対処できる範囲内で外国為替証拠金取引(FX)を試すことをお勧めします。