信用取引について

信用取引とは、自分の資金や有価証券などを担保として、証券会社から株式の購入代金を借りたり、株式を借りて取引を行う株式取引です。
「借りたものは返す」というのは、借金返済では当たり前です。

6ヶ月以内に返すことが原則ですが、最近は無期限信用取引という返済期限がない信用取引もあるということです。
勿論、信用取引はお金を借りているわけですから、金利が発生していますし、それは毎日支払わなければなりません。

またこれは初心者にはかなり難しいので、よく理解してからでないと、大変なことになりますので注意してください。
はじめに信用取引では、現物取引では出来なかった、信用売り(空売り)が出来ます。信用取引において信用売り(空売り)は株価が下がれば儲かります。

信用売り(空売り)は株式を持っていないとしても、株式会社より株式を借り入れ、その後買い戻しをして返還するを前提に売ることも可能です。
よって、株式相場が下げる方向に進んでいたとしても利益を上げる事が出来るようになっています。

簡単にいえば、証券会社に株を借りて、その株を売り、その後株価が下がったら買い戻して、株を証券会社に返すということです。
例えば、○株という株価が100円の株を1000株証券会社から借り、それをそのまま信用売り(空売り)します。
ここまでは10万円(100円×1000株)になります。その後に株価が80円まで下がってしまいました。ここで1000株買い戻します。

買い戻しにかかるのは、80円×1000株=8万円です。証券会社には1000株借りていましたから、8万円で買い戻した1000株を証券会社に返します。
そうすると2万円の差額がでます。それが儲けとなるというわけです。

それから追い証というのは、現物取引では絶対にありえないことです。
信用取引という性質上、信用がなくなった、信用売り(空売り)の場合は株価が下がった場合に、追加で保証金が発生するということです。
応じることができなければ、証券会社が決済してしまいます。