株価の変動要因とは

株価は常に一定ではなく常に動いています。
ではその要因とはなんでしょうか?

政治や軍事・経済・宗教も関係してきます。これを地政学といいます。
政治では政党の公共事業の良し悪しも絡んできます。
景気の動向を見守る意味でも市場は敏感に反応するわけです。
政権交代のなども期待したり失望したりで株価は上下します。
またテロや戦争などが起きると貿易関係に影響を及ぼす事も考えられるので株価はそれにも反応します。

日本市場は実はニューヨーク市場ともかなり深い関係にあります。
ニューヨーク市場が暴落すると日本もそれにつられる事がしばしばあります。

また、自然災害なども株価に影響を与えることがあり、台風や地震などが起こり設備に被害が及ぶことも考えられます。
そうなると復旧により特別損失が生まれ、業績は下がりますが、ただそうなると災害復旧により土木や建築などの業績は良くなることも有り得ます。


またその年の気候などのも株価に影響してくるのです。
猛暑でエアコンなどを新しく購入したり、飲料水やビールなどの消費が多いとその関連業界の業績があがる事から、該当銘柄の株が上がることがあるのです。
その企業の業績を調べるのも大切になってきます。

他にも為替の影響を受け株価は上下します。

他に挙げられる事といえば、やはり需要と供給によって左右されます。
需要(買い手)と供給(売り手)のバランスによって決まってきます。
買いたい人が増えれば価値は上昇しますが売りたい人が多ければ当然株価は下落します。
しかし、このパターンはある日突然…!なんてことはあまりまりません。
そうなるにはそうなる要因が必然的にあるのです。

そして、配当金も株価への影響を与えます。通常増配(配当金が増えることを指します)や復配(いままで配当が出なかったものがでること)なども十分に影響をもたらすと言われています。

株主優待
銘柄の中には株主優待についてとても人気になってる企業もあります。人気の優待制度が変更になった場合株価に影響を与えるケースがあります。

どうでしょうか?
株価の変動の要因は本当に様々ですね。