効率の良い株取引の情報収集

株取引をする上で最も重要なのは情報収集をする事です。
何の情報も分からないまま適当な銘柄を沢山買って大損…なんて事にならないようにきちんと情報収集をしましょう。
とてもシンプルな事ですがシンプルな物ほど奥深いものもないですよね。
就職活動をされた方ならすぐに納得されると思いますが、自分が受けようとする会社の業績や働くかもしれない業界について入念に調べると思います。
これは株についても同じ事が言えます。

では、効率の良い情報収集とは・・・?
昔から投資家の中でのバイブルとも呼ばれている「会社四季報」という本があります。
こちらは3月から3ヶ月ごと(6月・9月・12月)に発行されており、各種書店で買えます。
上場しているほとんどの株式会社であれば、基本情報や様々な決算情報が網羅されています。
投資に書かせない約3600社にも及ぶ上場銘柄について正確かつ入念な調査に基づく最新情報をあっ新しており、投資市場で幅広く利用されています。

また、新聞を読むことも大切です。特にお勧めしたいのが日本経済新聞です。
日本経済新聞は経済の流れについて日本の新聞の中でも最も偏りなくなおかつ正確に書かれているため、多くの経済のプロと呼ばれる経済アナリストや証券マンにも御用達となっています。
日本経済新聞には色々な情報が詰まっており、日経平均株価やドルの円の値段などが記載されています。
購読するもよし、コンビニや駅で買って読むのもよし、とにかく新聞の中でお勧めしたいのはこちらです。

株雑誌もあり、手軽に手に入れる事ができ、書店でもいろいろな種類の物が置かれています。
手っ取り早く理解するには重宝すると思います。

インターネットも有効ですが、色々な情報が飛び交い、情報量も膨大なので混乱してしまうかもしれません。
検索をかけるだけでも山ほど情報サイトが出てくるのですから。
ただ、嘘の情報が流れていたり、ノウハウをまとめたマニュアルを購入した方には私がサポート致します。なんて怪しいのは手を出さないで下さい。

勿論、口座を開設した証券会社のホームページでも情報を得ることが出来ます。
ご自身に合った情報収集の方法を見つけて下さい。