株は店頭やインターネットでも購入できます。

株を買うにはいくつかの方法があります。
現在最も多いと言われているのはインターネットを経由してネットトレードという方法です。
ネットトレードは手数料も安く手軽に取引が出来るところが最大の魅力です。
特定の職に就かずネットトレード専門い行い生計を立てているデイトレーダーという人々も増えているほどです。

勿論、株は店頭でも購入出来ます。
自ら証券会社に出向き専門家と相談しながら購入出来るのが最大のメリットです。
インターネットでの取引が普及するまでは当たり前の方法でしたが、ネット証券が出来てからは少なくなりましたが、インターネットを使えない人や株の初心者の方にはお勧めの方法です。

ただどちらにもメリット・デメリットがあるので説明したいと思います。
ネットで簡単に購入出来るようになった株ですが、初心者のうちは売買の仕方やタイミング・注文方法の意味・専門用語が多いので疑問を抱えることが多いと思います。
なので、基本的な注文のルールをしっかりと頭に入れ、後で買わなければ良かった…などと後悔をする事のないように基本を覚えておきましょう。

まず、買いたい銘柄を決めておく事がなにより大切です。
コード番号という銘柄ごとに付けられている数字4桁で指定することが多いです。

よくネット注文で失敗しがちなのが、銘柄のコードを押し間違えて自分の買いたい株と全く違う株を購入してしまったり、10株買うつもりが100株と入力ミスをしてしまったり。これが最大のデメリットでしょうか。
よく確認しながら注文しなければなりませんが、手軽で簡単に注文出来るのが最大のメリットです。

また、店頭購入の場合のお話です。
店頭で購入する場合勿論店頭に出向かなければなりません。
その時間と手間がデメリットになると思います。
ただし、専門家からのアドバイスを受けれ、無茶な注文を避けれる点では最大のメリットだと言えます。