株で稼ぐ方法とは

株で上手に稼ぐ方法ってどんな方法があるのでしょうか?
極論を言ってしまえば、株で稼ぐためには株が安いときに買って、高いときに売ればいいのです。
これをしていれば損はしない・・・はずなのですが、

それでもやっぱり株って難しい・・・損のイメージが強いんですよね。

しかし!

銀行にあまったお金を預けているだけではお金が増えることは一切ありません!
利息ゼロでもいい。お金が増えるのはいいけどお金は減るんだったらいやだという方は
投資はオススメできません。

やはり株はあくまでも投資なのです。
お金をためる貯蓄とお金を動かす投資。
どちらがよいでしょうか。

それでも株は上手にやりくりすれば、ちょっとづつ、ちょっとづつ儲けがでる
とても魅力的な商品なのです。

稼ぐ!と意気込むとなるとそのうち大きな損をします。

投資をするにあたって何が大事なのかというと
「リスクを減らす投資をすること」なのです。

一点集中して株を持つと、リスクが高くなります。
ひとつの株、ひとつの業界などに集中していると情勢で株価が下がったときみんな下がります。
ですから初心者はまずはひとつで・・・と集中傾向が見られるのですが、
同じ資金を分散して投資をするとリスク回避としては分散化されますので損は少なくなります。

リスクを回避する株の購入方法としては、株価の動きの少ない株を選ぶのもポイントです。
ブレが多いということはそれだけ値が動くということ。
あたったときは大きいですが、下がったときはそれだけ損をしてしまいます。

またそのブレをお互いに打ち消しあうような動きをしている株を選ぶと
どちらかが下がるとどちらかが上がり、相対的に見てプラスになっていることもあります。

分散購入したとしても景気の変動によって値が下がってしまっては元も個もありません。
株の中にはディフェンシブ銘柄といって、景気の変動ではびくともしない株もあります。
その分安定しているため値の動きがないのですが、損はしにくいでしょう。

とはいっても実際思ったように動かないのが株の動き・・・それが投資というもの。
株でもうけたいと思った人で失敗しないようにするためには
やはり企業を見るのが一番でしょう。

ちなみに証券会社がオススメする株は実際のところオススメかといったらそうでもないことも。
本当にオススメなら社員が購入しますよね。
一番は自分でその会社を見る!ことが稼げるようになる一歩ではないでしょうか。